aga治療を受ける前にやっておくべき事

正直に言って自分だけで行うaga治療には限界があります。よってクリニックなどで治療を開始する前にしておくことはとても限られていると言えるでしょう。それでもしておくべきことがあります。それは情報収集です。どんなメカニズムによって薄毛が起き、男性型脱毛症になるのかを理解しておくべきです。そうすることによって何をしなければならないのかを、必然的に知ることができるでしょう。またなるたけ早めに治療を受けることも大切です。薄毛として自覚した時よりも、抜け毛が増えたと実感したときから治療を開始すると、その回復具合もまったくかわってきます。本数が少なくなり、それを増やすことは大きな時間と費用と労力が必要になります。しておくべきことがあるとするなら、早めの自覚です。

薄毛になる自覚こそが治療後の満足に繋がる

朝起きて枕についてある抜け毛の本数が増えることを自覚した、またはセットをするときにパラパラと落ちることが多くなったなど、それぞれの自覚症状があるはずです。そんなときにこそ、agaを疑うチャンスとなります。頭皮が透けて見えるような状態になってからと、抜け毛が増えたことを自覚したときから始める薄毛治療の回復度はまったく異なりますので、その自覚こそ治療をする前にしておくべきことです。抜けた頭髪を観察してみましょう。細く先が尖っている状態であれば、その可能性が高くなります。原因である男性ホルモンが頭髪の成長を阻害していることで全体的に細くなり、先が尖っているのは成長をしないまま抜け落ちたことを意味しています。成長をしていれば頭髪は切られており、先が尖っていることはありません。

薄毛になるメカニズムを理解するための情報収集を

まずagaになるメカニズムを知っておくことが大切です。男性ホルモンによって薄毛になることは多く知られているはずです。男性らしい身体になるために必要なホルモンになりますが、ひげや体毛が濃い人すべてが薄毛になるわけではありません。だからこそ判断が難しいです。あくまでも薄毛の原因となっているジヒドロテストステロンの感受性が高い人が薄毛になります。また治療においての弊害についても情報収集しておくことが大切です。この治療は保険診療で受けることができません。よって高い医療費が掛かる治療となります。自分が支払うことができる治療でなければ、たとえ回復したとしてもショックを受ける未来が待っています。この治療は頭髪を諦めるまで続けなければならない治療であることを忘れないでください。