aga治療とはどんなものなのかを説明します

今までにいろんな製品が登場してきましたが、2つに医薬品の登場によって劇的に治療の成果が出るようになったのがagaです。既存の治療方法から最先端の治療まで受けることができる環境が整いつつあり、希望をすることで薄毛から改善できる可能性があります。もともと男性型脱毛症としての治療になりますが、最近は女性のニーズも受けて、治療できる環境が整いつつあります。ただ治療を受ける際にひとつの問題について知っておかなければなりません。それは保険診療にならないことです。よって高額の医療費を支払う必要が出てきます。肝心なことは自分が支払うことができる金額で治療を受けることです。自分が受けることができる治療を受けてください。この観点を忘れずに、治療方法について見ていきましょう

2つの医薬品の登場で変わった成果

プロペシアとミノキシジルの登場によってaga治療の成果は明らかに変わりました。飲む育毛剤として知られているプロペシアは男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの産生を抑える効果があります。ファーストチョイスされる医薬品です。ミノキシジルは発毛剤として日本で唯一認められている成分です。主に頭皮に塗布するかたちで使われていますが、一部内服薬としても使用するクリニックもあります。この2つの医薬品の登場によって、劇的に成果が出るようになりました。また比較的他の治療よりも、支払うことができる金額になることから、多くの人に愛されている成分となっています。ただしプロペシアは女性には服用することができません。男性限定の医薬品になっています。

最先端の治療は結果が出ない人におすすめ

スタンダードなaga治療がプロペシアとミノキシジルになりますが、他にもあり、最先端の方法も確立されるようになりました。それはメソセラピーです。有効な2つの医薬品成分や成長因子が入っている薬を直接頭皮に注射する方法です。プロペシアやミノキシジルといった内服薬と外用薬に比べると、注射の方が効果につながりやすくなっていることから、高い成果を期待することができます。2つの医薬品成分で成果が出なかった人にこそ、おすすめできる治療方法です。成果が出た後、辞めることができますが、基本薄毛治療は終わりがありませんのでプロペシアとミノキシジルを使って現状維持させる必要があります。またメソセラピーは治療費が高くなるのがデメリットです。支払い続けることができる経済状況で治療を開始する必要があります。

産毛が残った状態のAGAなら改善する可能性があります! 治療期間や、薬のことなどなんでもご質問ください! agaは進行性!治療しないと髪の毛が減り続けます。 専門のカウンセラーが治療の内容をご説明します。 agaは専門医の治療で治すことのできる症状です。 一種類だけの投薬治療だと増毛効果が期待できない場合も多いです。 aga治療専門クリニックは【池袋AGAクリニック】